寝落ちの森

ふぇぇ...また寝落ちしちゃった~~~

ESP32とBME280でIoT入門

ESP32で簡単なIoTをしてみた。

必要なもの

  • ESP32
    おすすめは、ESP32開発ボードです。ケーブルを接続するだけで使えます(便利)。
    amazonでは、互換ボードが1000円程度で売られています。 akizukidenshi.com

  • BME280
    BOSCH製の温度、湿度、気圧の測定が出来るセンサ。
    I2CとSPI通信が出来ます。秋月電子amazonで手に入ります。 akizukidenshi.com

  • ブレッドボード
    amazonにあります。中華製だと穴のピッチがずれてたり部品の脚が刺さらなかったりするのでおすすめしません。

  • ジャンパー線
    ESP32とBME280を接続するのに使います。

使用するライブラリ

2つのライブラリをArduino IDEで使えるようにします。検索してインストールできますし、zipファイルの読み込みでもいけます。

実行

ここまで準備できたら、以下のgithubのREADMEを見ながらESP32とBME280を接続していきます。SPI通信でデータの取得をします。

github.com

測定データは、Ambientという、IoTデータ可視化サービスを使って分かりやすく表示していきます。

ambidata.io

改善

最初に測定したデータはこんな感じになりました。

f:id:katapi2000:20190715185057p:plain
最初の測定データ

めちゃくちゃ離散しています。これは、よくないので取得データをいじって改善💪

f:id:katapi2000:20190715203957p:plain
改善した測定データ

今後の改善点として、webアプリで確認出来るようにしたい。熱中症の警告とか不快指数の表示とか、できることは多そうです。